もと保育士もと公務員ネコマルの仕事と旅と猫と思考を綴るブログ

公務員やめたら人生楽しくなっちゃった系の話題が多めで、保育士やめたら保育に目覚めちゃった系の記事を書くようになりました。


   
view raw

ニューヨーク大好きな人必見!いますぐニューヨークに浸れるオススメ映画5選【かなりの独断】

日本人の多くが憧れる街、ニューヨーク。

芸能人でも渡辺直美さんがダンス留学をしたり、ピースの綾部さんが移住することが決まったりと、なにかと話題の地ですよね。

 

でもただでさえ遠いアメリカ合衆国の東海岸。

気軽に行ける場所じゃないし、ホテルの相場も世界一高いんですって!

 

 

なので気軽に日本でニューヨーカー気分を味わってみちゃいましょう。ニューヨークに行ったことがある人も、行ったことがない人も、この映画を見れば気分はin NY🇺🇸ですよ!

 

 

アクロス ザ ユニバース

舞台はベトナム戦争時代のニューヨーク。

リバプールからアメリカに父親を探しにきた青年ジュードが、そこで出逢った大学生のマックスとニューヨークへ行くことに。マックスの妹のルーシーと恋に落ちるのだが、混沌とした時代に流され、幸せな時間は長くは続かない・・。

 

映画の中では、ビートルズの曲が33曲も使われています。それをオリジナルのアレンジで、出演者たちが素晴らしい歌声で歌い、踊り、まるでミュージックビデオを観ているかのよう。

 

それに、映画の内容に曲が、歌詞が、ぴったりと合っているのにも驚きです。

 

アレンジがとても素敵で、筆者はサントラも迷わず購入しましたし、ビートルズの曲も全く知らなかったのですが、原曲を聴きたい衝動に駆られて、33曲のすべての原曲をコンプリートしました!どちらも負けず劣らず素敵です。

 

実在した戦争、事件も絡んでくるストーリーなので、ネコマル的には普通に勉強になりました。

また、登場人物の多くがニューヨークで夢を追っている若者。

今も昔も、ニューヨークには夢が溢れていたんだな。。なんて思わせてくれます。

 

ネコマルのだーーーいすきな映画なのでトップでご紹介しました!

 

ニューイヤーズ イヴ

これは名前の通りニューイヤーズイヴ。ある年のニューヨークの大晦日の出来事を描いた作品です。

 

様々な登場人物の、それぞれの大晦日が描かれていて、ショートストーリーで構成されているので、結構さらっと観ることができます。

さらっと・・なんて言いましたが、内容はとってもハートフル。

ラストのストーリーは、地味なおばさんOLが、偶然知り合ったバイク便の男性と、新年までにやりたいことリストを1つずつ叶えていくストーリーです。

 

ニューヨークのカウントダウンって、タイムズスクエアの目の前で行われる、世界中から人が集まる一大イベントなわけですが、そのカウントダウンイベントを絡めたストーリーが展開され、この映画を観たら絶対にあなたも現地でカウントダウンを体験したい!!と思うでしょう。

実際にネコマルもそうで、2013年の年明けはニューヨークのタイムズスクエアでしました!

 

特別事件が起きたりするわけではないのですが、とっても胸があったかくなる、そんな映画です。年末でなくても楽しめますよ♡


ウエストサイド ストーリー

言わずと知れた名作ミュージカルで、ブロードウェイでも上演されています。

1961年に公開されたウエストサイドストーリー。

ニューヨークのウエストサイドの街角で、2つの不良グループが対立していた。

しかし、その対立しあうグループに属するマリアとトニーが恋に落ちた。そこから派生する物語なのですが、出てくる曲が誰もが聴いたことのあるであろう名曲揃い。

ストーリーは正直明るくはないのだけれど、若者たちのやるせなさ。対立せざるをえない現実。そんな背景がなんとも胸に響く作品です。

マリアの歌声も、トニーたちのダンスシーンもかっこいいです。


コーラスライン

 1985年に公開されたミュージカル映画。これも元はブロードウェイミュージカルでした。題材はとあるブロードウェイミュージカルのコーラス隊のオーディション。ダンサーたち一人一人の生い立ちやダンス・ブロードウェイにかける想い、夢などを歌いあげていくのです。

 

みんな夢を持ってニューヨークにやってきているけれども、夢をつかめるのはほんの一握り。そんなシビアな現実が非常によく描かれています。

ネコマルは超感情移入しやすいので、コーラスラインを観ると、ひたすら涙が止まりませんw

 

セックス アンド ザシティ

言わずと知れた大人気テレビドラマシリーズです。

ネコマルは特に映画版が好きです。

 

ニューヨークに生きる女性の恋愛・結婚・仕事・家族をテーマにしたシリーズで、

自分自身に重ねてみたり、ド派手な恋愛模様に笑ってみたり・・・。

でも一番は、ホットなニューヨークのスポットがたくさん出てくるところです。

有名なセントラルパークには撮影スポットがあちこちにあります。

また、部屋のインテリアも注目ポイントです。

日本にはなかなかないようなデザインだったり、飾り方だったり・・。

キャリーの部屋の中をくまなくみてしまいます。あんな生活憧れる!!!

 

他にも英語の勉強にも使ってます。

ニューヨーカーが実際に使っている英語なので、教科書で学ぶよりずっと自然な言葉ですし、意外と簡単な単語で会話しているのです。

 

憧れのニューヨークライフを味わいましょう♡

大都市ニューヨーク。そこには日本では考えられないほどお洒落で、カッコ良い、日本人の多くが憧れる街。お家で気軽にニューヨーカー気分を味わいながら、いつかは本当に訪れてみてくださいね。

ところでニューヨークといえばミュージカル。

ネコマルオススメのミュージカル映画の記事はこちら

blog.lilys-c.com